United Nations Headquarters

ほんとこのビルはいつまででも見ていられるくらい美しい。

戦後11人の建築家の協同作業の末、つくられた。NHK衛星TVでそのプロセスのあらましを見た。設計主任は、ウォーレス・K・ハリソン、その下に11人の建築家が集まった。イギリスのロバートソン、フランスのコルビュジェ、ソ連のバソフ、中国のリャン、スウェーデンのマルケリウス、ブラジルのニーマイヤー等だ。最初から、ル・コルビュジェが「リード」したが、設計主任のハリソンは40数回の会議の過程で若いオスカー・ニーマイヤーの案を中心に妥協点にもっていく。ただニーマイヤーは、コルビュジェの弟子であり、コルビュジェが自分の案をニーマイヤーの案に「圧力」をかけて忍び込ませたようだ。
引用元:国連ビル誕生秘話を見る


07. July 2014 by admin
Categories: New York | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *