Jet DriveでMacbook Pro RetinaのSSDを512GB->1TBに増やしました

Macbook Pro Retina 13inchのSSDを512GBから1TBに交換したよ、という話。2016年末に新型MBP Retinaの噂が出てますが、容量が足りないから新しいマシンに買い換えたい!という方は早まらずにぜひSSDの交換をご検討を。

私がメインマシンとして使っているのは、Macbook Pro Retina 13inch (Late2012)。4年前のマシンだけど、ゴリゴリなグラフィック処理もしないし、動画編集も簡単なやつしかしないのでこのスペックで全く問題なく使えている(最近のMacbookは買い替えサイクル遅いよねー)。

が、日に日に足りなくなるのがストレージの容量。512GBじゃ到底足りないのだ。自分はどんなに音楽ストリーミングサービスやクラウドストレージが隆盛になっても、大事なデータは必ずローカルにコピーを置いておきたいタイプ。もちろん重要データは複数のクラウドサービスにアップして冗長性をキープして全世界どこからでも引っ張れるようにしているが、オフラインで必要な情報にアクセスできないと、例えば移動中にiTunesのライブラリ整理したりできなくてストレス。なのでローカルには最低1TBは必要。

では容量が足りないなら外付けHDD使えばいいじゃんというのが普通の考えなのだが、外付けディスクを常用、というのはラップトップの可搬性や使用感を著しく損なうので論外、というのが個人的意見。せっかく片手で気軽に持ち運べるはずのラップトップなのに、ひょろんとケーブルが一本ぶら下がるだけで台無し。

というわけで、内臓のSSDを大容量のものに変えようぜーということでいつもお世話になっている秋葉原の秋葉館へ。Macの型番持って行って、これに載っけられる1TBのSSDありますかー、と聞いたところこれをおすすめしてくれた。2016年8月時点で6.5万円。
JetDrive720 960GB MacBookPro Retina 13インチ(Late2012/Early2013)専用アップグレードキット SSD [TS960GJDM720]

なんでもこれ、SSDだけでなくトルクスドライバーのような交換キットまで全部ついてくるので工具がなくても安心。というわけでさくっとお買い上げして開腹作業。

最初にディスクユーティリティ or Clone系のアプリで起動ディスクを丸ごとコピーして、物理的に差し替えて終わり。全部で1時間くらいで作業終わりました。取り除いた512GBのSSDはもちろん外付けとして活かせるのでお気に入りの映画でも突っ込んでおいて飛行機内等で観られるようにする。

いやーこれでiTunesもPhotosも全部本体に収まった。気持ちいいー。
ま、来年には2TBくらいないと足りなくなるくらいデータは増え続けてるんですけどね。そのときにはJet Driveの新機種が出てることでしょう。おすすめ!


03. October 2016 by admin
Categories: Gadget | Leave a comment