台北 Trip Nov. 2018

ちょっと台北へ。

今回面白かったのは三件。
阿財彰化肉圓も再訪。

======
1.墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar<Link>
2.香色(Xiang Se)<Link>
3.Draft Land<Link>
======

1.Mozi Bar 床屋の奥の本棚を押すとバーへ、といういわゆるspeakeasy、もっと隠れ家っぽい感じを想像してたのだが意外とフツーのバーだった。

2.2015年春 オープン、ローカルアパートのを改装した台湾+フレンチフュージョンな無国籍料理。予約も比較的とりやすく、カジュアルに楽しめるのでぜひまた来たいお店。

3.Xiang Seのサービスの女性がとても感じがよい人だったのであなただったら二軒目どこに行くか、と聞いたら、ちょっとガヤガヤしてるけどここは?といってDraft Landをおすすめしてくれた。行ってみるとタップがずらーっと並んでいて、おおクラフトビールかここはと思って壁を見てたらぬっとお兄さんが現れ、あれは全部カクテルなのよと説明してくれた。なんでもここはAngus Zouという台湾ではややレジェンドなバーテンがしばしのサバティカルを終えてオープンした店らしく、バーだけれどもマティーニグラスもシェイカーもオリーブも、一切装飾がない。我々はカクテルをサーブするのではなくスタイルをサーブする、と。以下インタビュー引用。面白い。

“We are more like engineers. We measure everything, build systems, ensure consistency, and research new flavours and ingredients.”

“We are after people who feel uncomfortable going to bars. They are afraid to order new drinks because sometimes – even most of the time – they don’t like it. Most people like to drink, but don’t like bars! Those people are most of the market. I want this place to make it easier for people to enjoy cocktails.”
Quote from :

“No garnish, no bullshit”– Angus Zou re-thinks cocktail service, plus two other Taipei openings | DRiNK Magazine


24. November 2018 by admin
Categories: Asia, BY Region, Taiwan | Leave a comment