フェスじゃなくて市場(森、道、市場 2019)

夏だっていうのにフェスのひとつも行く予定がないじゃないか、ということになり、急遽思い立って森、道、市場 2019へ。愛知県蒲郡。

3日間のうち山口一郎、ライゾマのVJ、Brahman、tofubeats、Licaxxxxなどなど観たいアーティストがたくさんあったが、結局最終日日帰りとなったためiri、eastern youth、Yogee New Wavesなどだけ。なぎさんのGodBarも。

いまでこそ音楽フェスは年間200近くあるというから、フェスブーム甚だしい昨今ではあるが、この森、道、市場はちょっと毛色が違った。フード・雑貨・生鮮品・クラフトグッズなどの物販ブースが所狭しと並んでるし、チケットは一日券が6500円とだいぶお手頃だ。

仕掛け人の岩瀬貴己氏が、2011年以来取り仕切っているとのことで、インタビュー記事を読んだらこんなくだりがあった。

「森道は『市場』がメインなので、チケットを高くしたくないんです。市場に買い物に行くのに、何万円も払わないでしょ? だから、できるだけ自分たちで頑張って、コストを抑えてます。主催側の意識としては、森道はフェスではなくて『市場』なんですよ」

人気フェス「森、道、市場」の裏側には主催者の「熱狂」があった(2017.04.25)

ということらしい。市場・マーケットが好きで、その集客手段として音楽がある、というのは非常に好きなコンセプトだ。

来年もまた来よう。


01. June 2019 by admin
Categories: Aichi, Asia, BY Region, Japan | Leave a comment