STUTS

まったくピアノを弾けないが、幼い頃に一瞬だけ習ったことがあり、そのときまったく解せなかったのが、休符である。なぜ音を出さないのに楽譜に記載するんだ、と混乱した。

少し年齢を重ねると、音楽に限らず、休符 (rest)は助走になったり、余韻になったり、よい流れに欠かせないものだとわかるようになってきた。

昨晩はSTUTSがBACK TO MY ROOTS – 自身のルーツとなるDJセットをやるというので見てきた。

自分MPC叩く前はDJやってたんです、アナログでDJなんて何年振りだろう

と言いながら一曲目のATCQのBuggin’Outからはじまり、Pharcyde、Common、Eminem、Snoop Doggの合間にMicrophone Pager、BUDDHA BRANDを挟む。オーバーエイジ感涙の選曲。

30分くらいで会場を後にしたのだけど、あのあとの展開が気になる

いいDJは、ミックスの巧拙だけではなく、いいタメというかブレスというか、休符があるものですね

Presenceの松たか子が歌う部分も、歌謡曲的なタメが好きです


06. August 2021 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment