嵐を聴こう – a Day in Our Life

嵐が2020年を最後に活動休止を発表し、大きな話題となっている。そんな折、知人から「活動休止を前に今更だけど、嵐ってどのアルバム聞けばいいの?」と質問されることがあった為、大変偉そうではありますが、同年代男性&音楽フリークとしての私見を書きなぐります。(全アルバム、シングルは所有している程度のリスナーではあります)

嵐はとにかく、曲がよい。最高である。

ただ事実として、嵐に限らずジャニーズの楽曲は聴くにはちょっとハードルがある。2019年2月時点、どのサブスクリプションサービスでもジャニーズの楽曲を聴くことはできない為、違法アップロード音源を聴くか(だめよ)、CD音源を購入するかレンタルするかしかないのである。

このご時世にわざわざお店に足を運んで物理音源を入手しないと聞けないのはなかなか辛い。CDプレイヤー製造の下支えをしているのはジャニーズ事務所だとすら思う。

さて嵐。結論からいえば、ベスト盤 All the Best! 1999–2009!をまず聴いてもらえれば嵐の(特に初期の)魅力はわかってもらえると思う。アルバム単位でこそ作品だ、という古臭いタイプの音楽リスナーの私でも、同作品はおすすめできるベストアルバムではある。

そのなかでも個人的に特筆すべき楽曲は2002年2月6日発売の『a Day in Our Life』である為、ちょっと書かせてもらいたい。

『a Day in Our Life』は、嵐のディスコグラフィーの中で、全編ラップメインで制作されたはじめての楽曲である。作詞・作曲・編曲はスケボーキング(SBK)のSHUNとSHUYA、ってだけで「え!?」と思う音楽フリークは多いと思うが、さらに唸るのが少年隊の名曲『ABC』を元ネタとしてサンプリングして作っているという点。ぐっとテンポを落としているが、作曲家 筒美恭平氏(ブルー・ライト・ヨコハマ、木綿のハンカチーフとかサザエさんテーマで有名)の極上美メロの上にラップが乗っかるという、文字に起こしても悶絶な楽曲である。

今でこそサンプリングは技術的な進化も手伝って猫も杓子も状態だが、当時ジャニーズがサンプリング、ってだけで誰だよ仕掛け人は!蟹江かよ!と私は湧いた。どうでもいいけどABCってAngel, Baby, Cupidらしい。

が、考えてみたらサンプリングの精神は「温故知新」であり、昔を知り、敬意を払い、そこから新しいやり方や表現ロジックを再解釈・再生産していくことであるので、先輩の曲をカバーさせて若手を育ててきたジャニーズ事務所の運営手法ととてもマッチするので、なるほどなあと唸ってしまう。

さて、この『a Day in Our Life』の音源を入手したら、ぜひヘッドフォンで爆音で聴いてほしい。冒頭イントロでのスクラッチがあるのだが、LRにくっきり小気味よく分かれたスクラッチ音が楽しめる。基本的にDJがスクラッチするときは、LRにパンするようなことはないので、スクラッチ音が左右にパンされるのは音像としてはオーセンティックではないのだが、聴いてみるとこれがなんとも心地よい。こういったレコーディングのこだわりは楽しみポイントである。

※余談だが、メンバーのひとりが個人プロジェクトとして作成し、ラジオで公開されたことがある『ペンの指す方向』という楽曲があるのだが、その冒頭のイントロで時計のチクタク音があり、これも綺麗に時計の秒針が回るようにLRにパンされており、これもヘッドフォンで聴くとニンマリできる

とにかく、『a Day in Our Life』はリリースから15年以上経った今聴いても色褪せない、個人的には嵐 金字塔の一曲である。
リマスター&12inchアナログでリリースされることを切に願っている。

私は音楽業界とは全くの門外漢なので想像だが、アイドルがラップのシングル曲をリリースするというのは、カラオケでヒットしづらい点を考えても相当にハードルが高いことなのではないか。

故に大抵の場合はラップを入れたくてもサビだけとか、部分的に入れときましょか、というのが落とし所だと思うのだが、嵐はいきなりシングル曲で全編ラップ曲をぶつけてきた。そういう意味でも、この楽曲は嵐がパイオニアでありイノヴェイター(WIRED風)であることの証左でもあるわけである。

ほか、00年代幕開けを感じさせる青春感から一皮向けた『COOL&SOUL』、ハイスピードカメラを使ったPVとダンスクラシックサンプリング感が気持ちいい『Step and Go』、韻シストが楽曲提供した『Hip Pop Boogie』、泣く子も黙る山下達郎/竹内まりやコンビによる『復活LOVE』など、語りたい曲はたくさんあるのだがまたいつかに譲る。

活動休止は残念だけど、楽曲は逃げないしたくさんあるので、今後も嵐の楽曲を楽しめるのは幸せだなあと音楽フリークとして思う。

まずベスト盤を。恐らく休止前にもう一枚ベストでそうですけどね。

近くにCD手に入るところないよ、という方はツタヤオンラインとかで借りると楽でいいですよ。


03. February 2019 by admin
Categories: Music & Movies | Leave a comment