宮古島 来間島 ウェディング

色々大変な時期だけど、旧友が結婚祝いでプライベートBBQやるというので宮古島へ。
マンゴーカレーまた食べたい。


03. October 2020 by admin
Categories: Japan, Okinawa | Leave a comment

檜原村 Hinohara-Mura

Tsumugiのみなさんにお誘いいただいてキャンプへ。檜原村のHinoko Tokyo、川遊びも満喫できてようやく夏っぽい遊びができました!


29. August 2020 by admin
Categories: Japan, Tokyo | Leave a comment

Fattoria AL FIORE

ここ数年、ナチュラルワインと〇〇、という押し出しをよく見かけるようになった。

周囲でももう最近ナチュールしか飲まない、とか、それをFood Experienceの中心に据える人も増えた。

結局何がナチュラルワインなのか、は自分はよくわかっていない。葡萄の栽培だけではなく、全プロセスにおいて非自動化・機械化・添加物を排して作られたものだと理解しているが、じゃあオーガニックワインとはどう違うとか言われるとよくわからないし、どうでもいい気もする。

定義はどうあれ、インディーズバンドみたいなものだと自分は理解している。今まで、ワインを語る言葉としては「どこどこのシャトーの何年もののヴィンテージ」という形式に則るものだったが、それよりも、「どこの誰が、どんな思想で、なにを大事にしたくて、どんな仲間と、どのような生活を送りながら作ったのか」という輪郭がはっきりしているものなのではないか。そしてそれは、生産者さんの顔が見える、というのともまたちょっと違う。

自分はeatrip soilでふと何気なく手に取ったFattoria AL FIOREのワインをとても気に入って、時々買っていた。どんな食事ともすいすい合わせられる気軽さと、抜栓後数日間楽しめる懐の広さと、なんならワイングラスなんていらなくてデュラレックスに注いで飲んだってよさそうな横ノリ感は、他にはあまりなかった。

彼らは宮城県で廃校の小学校をリノベして作っているらしい、ということにも惹かれていつか尋ねたいと思っていたが、これから福岡でピッツェリアレストランを開くという若いシェフを擁してちょっとしたイベントがあるというのでお邪魔した。

Fattoria Al Fioreと、目黒浩敬さんのアントレプレナーストーリーについては色々なところで拝読できる。今回シャイな目黒さんを尋ねて、葡萄農家が適正な対価を得てサステイナブルを保てるプロダクトづくり、安易な地方創生マインドへの警鐘、プレイフルに活動し続ける為の姿勢など、たくさん種をもらった。

ワイナリーではなく、ワインというメディアを通じて、『食・農業・産業・教育に良い循環を生み出す』活動、とても賛同するし、シャイだけどパンクに貫いていくところを応援させてもらいたいと思う!


09. August 2020 by admin
Categories: Japan, Miyagi | Leave a comment

桃狩りジェラート

山梨へ。
白州郷牧場の卵かけご飯 おっぽに亭こっこと、麓ジェラートでジェラート食べて桃狩り。
ワイナリーはまた今度に。


01. August 2020 by admin
Categories: Yamanashi | Leave a comment

Kyoto-大鵬/Farmoon/Monk

二条駅近く 中華料理 大鵬
『杉本博司 瑠璃の浄土』展
エースホテル京都
船越雅代さんのFarmoon
今井さんのMonk

あたりを一気に日帰りでまとめて。Farmoon、今度は夜に再訪させていただきたい!


26. July 2020 by admin
Categories: Kyoto | Leave a comment

石川県 小松市 滝ヶ原 Craft & Stay (2020-07)

新しい工芸と食と働くことをデザインしていく場所、Takigahara Craft&Stayがついにオープンするというので、お邪魔した。

Cultivate to Culture. すべては耕すことから始まる。今も尚昔の里山の風景を残し、農村文化を維持してきた滝ヶ原町。
この24ベッドのホステルが、パンデミックのなかで何が大切なのかを考える契機をくれる気がする。苔はいいですね。

参照:黒崎さんのブログポスト『自給自足のユートピアを目指して


01. July 2020 by admin
Categories: Ishikawa | Leave a comment

日日是口実

彼岸で小田原に行ったので、〈江之浦測候所〉へ。

小田原は祖父母を訪ねて幾度となく足を運んだはずなのに、江之浦地区ははじめて。
急峻な箱根外輪山を背にして相模湾を望む、こんないいとこあったのかーと渋滞後だけにさらに満足してしまう場所。

で、茶室「雨聴天」へてくてく。

下地窓から覗けば、掛軸に杉本博司さんの「日々是口実」の諧謔(日日是好日のもじり)。目を奪われた。

社会的騒動が続いてちょっと暗くなりがちな今にぴったりのユーモアだと思った。

毎日毎日「口実」をつけてでも、自分がやったことは常に正しい自信と思い続けていよう、口実だらけでいいじゃないかと。

しかし今回は超晴天に恵まれたけど、雨の日も石の違う表情が見えてよいだろうなあ。毎月来たい、江之浦測候所。


21. March 2020 by admin
Categories: Odawara | Leave a comment

London

ロンドンへ。

到着するなりいきなりHeathrow近くでの交通事故が災いして完全に交通ストップ。市内まで3時間かかってしまった。

Hoxton Shoreditchに荷物を置いて、Yumiko-sanに北アフリカ料理Moritoに連れてってもらう。The Ned HotelではサイケなバンドがDaft Punkバンドやってるなかバンカーたちが終業後を楽しんでいた。

Ozone Coffeeでエッグスベネディクト。
マフィンじゃなくてライスコロッケの上に乗っかってて最高だった。
BarbicanいきつつDulstonへ、JoleneでSungwongとAikoとランチ&Dusty Knuckleでまたもパン笑。

St.John Bread and Wineは骨髄とか内臓系のキワモノが色々あるがクリーンなかんじで頂けてよかった。
Mikkelerは世界どこいっても世界観が好き。

SOHOで食べたタイ料理KILNは、炭火オープンキッチンでタトゥーな若者たちが流れ作業で作ってくれてめちゃ美味しかった。夜はThe Clove Club、アルコールペアリングするもそんなに飲めず。。。


22. February 2020 by admin
Categories: United Kingdom | Leave a comment

← Older posts