KabiとJeff Mills

目黒のkabi。

目黒通りで元競馬場といったら家具屋ストリート、東急ストアと鳥繁だよね?というのが目黒通りバスユーザーの自分の印象だったのだが、安田翔平氏と江本賢太郎氏がkabiスタートさせてからは、年齢や職種、国籍を問わず賑わう場所になった。

Kabiは、「○○みたいな店」、とかそういう形容がしづらい、非連続な魅力がある店だと思う。平均年齢23歳のスタッフたちが楽しそうに遊びながら料理しているものを分けてもらう、みたいな、強い伝染力がある。

料理もさながら、音楽もニューエイジ感があって楽しい。

たいてい、日本の流行っているレストランといえば、モダンジャズやポストロックなど、食事に邪魔にならないインスト曲をうすーく無指向性スピーカーで、というのが普通だが、ここはバキバキのミニマルテクノがかかっている日がある。今日はModerat, Marquis HawkesやShinichiro Yokotaなど、エレクトロ・ハウス・ミニマルばかりかかっていたし、うる覚えだがJeff Millsがよく使う曲もかかっていた。

Jeff Millsとkabiには共振するものがあるのではないかと勝手に思った。

ターンテーブル4台と909を使い、レコード4枚がけする音の科学者ともいえるJeffは、DJは引き算だ、と言っていた。対して、日本の食材や食文化を、和食とは違う形で世界に発信するkabiの人々は、軸となる食材には発酵や熟成を施しながら何層にも重なり合わせながらも(スズキの発酵マッシュルーム締めなども美味しかった)大げさすぎる技巧を感じなくて心地よい。

この日はOpenBookが二階でレモンサワーを出してくれててそちらで締めました。

余談だが、レストランにBGMは必要なのか、という点については、ニューヨークで、坂本龍一が『料理は素晴らしいのにあまりにBGMがひどい』と言って自ら選曲をかって出た店があるというのでそちらのインタビューをぜひ:Annoyed by Restaurant Playlists, a Master Musician Made His Own


13. July 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

人のタピオカ屋を笑うな

再ブームまっ最中のタピオカ屋を批判する人が絶えない。

暴力団のシノギだ、超高カロリーだ、あんなの一過性のブームだよ、と批評する人はたくさんいるが、あれだけ行列ができて、売上と利益がちゃんと出ているということは、なんらかの形で誰かの役に立っているはずだ。何に対してもくだらない、としか言えないタピオカ警察にはなりたくないと思う。

先日旧友が集まった際、あなただったらどんなタピオカ屋をやるか、という話をした。

カレー味、完全栄養食などの一方で、タピオカをドラゴンボールに見立てた形状で秋葉原に作って、海外のドラゴンボールヲタを殺到させようぜと言うアイディアがあった。いやいやそれは権利無理でしょとか、そもそもあの輝度と透明度を出せるのかとか、気がつけばしばしタピ活トークが繰り広げられた。

「タピオカ屋、流行ってますよねえ」と一言いうだけで会話の糸口になるんだから、やっぱりタピオカは、役に立っているんじゃないだろうか。

人のタピオカ屋を笑ってはいけない。


10. July 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

何もしなかった長崎

長崎に行ってきた。

ハウステンボスにも原爆資料館にも軍艦島にも行ったことのない自分だったが、あまり時間がなく、結局ちゃんぽんと皿うどんとカステラという定番コンボどまりだった。

ところが。帰京してから知ったのだが、長崎県南部に位置する伊王島町にあるアイランドルミナという秘境のような場所で体験型ナイトウォークができるらしい。カナダのアート集団 モーメントファクトリーが手がけており、とにかくアクセスが悪いのだがこれだけのために行く価値がある、という。

帰ってからこういう情報を仕入れるあたり、どうにもツイてないなと思うが、一度の旅ですべて制覇しなくてはならないような時間の使い方はやめようと個人的に決めているので、また訪れる目的ができたのはよかったとする。

でもウェブサイト見る限りナイトウォーク、なんか寂れたプラネタリウムみたいでぐっと来ないんだけど、そんなもんかなあ。


30. June 2019 by admin
Categories: Asia, BY Region, Japan, Nagasaki | Leave a comment

Cignale ENOTECA

定期的に夫婦で通っている店のひとつが、松見坂のチニャーレ・エノテカである。 昨晩も行ってきた。

いつ来てもカラフルな食材の色がカウンターで輝いていて、それを見るだけで自然と元気になる空間。ひとしきり食事を終えた後はなにかひとつの小説や映画を読み終えたような印象を与えてくれる。(写真は2018年6月の素材)

まず、自由である。イタリアンなのに一品目にヒラメとまぐろがずいっとでてきて醤油とお箸で頂けたりするし、フォカッチャ食べたい、これだけもうちょっとちょうだい、そんなワガママが効く。食べたい時に食べたいものを食べたいだけ。 オーナーシェフの東森俊二さんが見つけてきた素材を、いちばん美味しい方法で提案してくれる。

オーダーを気にしなくてよいのも好きだ。外食は楽しいが、新しく訪れた店やアラカルト中心の店だと、何を食べようか、とメニューとキッチンの忙しさばかりが気になることがある。オーダーを気にすることなく会話を楽しめて、かといってコース一辺倒ではない柔軟性があるのは、とてもありがたい。

学芸大学にカムバックしたCignale VINO & PANEも併せて、まだまだ通い続けることと思う。


12. May 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

嵐を聴こう – a Day in Our Life

嵐が2020年を最後に活動休止を発表し、大きな話題となっている。そんな折、知人から「活動休止を前に今更だけど、嵐ってどのアルバム聞けばいいの?」と質問されることがあった為、大変偉そうではありますが、同年代男性&音楽フリークとしての私見を書きなぐります。(全アルバム、シングルは所有している程度のリスナーではあります)

嵐はとにかく、曲がよい。最高である。

ただ事実として、嵐に限らずジャニーズの楽曲は聴くにはちょっとハードルがある。2019年2月時点、どのサブスクリプションサービスでもジャニーズの楽曲を聴くことはできない為、違法アップロード音源を聴くか(だめよ)、CD音源を購入するかレンタルするかしかないのである。

このご時世にわざわざお店に足を運んで物理音源を入手しないと聞けないのはなかなか辛い。CDプレイヤー製造の下支えをしているのはジャニーズ事務所だとすら思う。

さて嵐。結論からいえば、ベスト盤 All the Best! 1999–2009!をまず聴いてもらえれば嵐の(特に初期の)魅力はわかってもらえると思う。アルバム単位でこそ作品だ、という古臭いタイプの音楽リスナーの私でも、同作品はおすすめできるベストアルバムではある。

そのなかでも個人的に特筆すべき楽曲は2002年2月6日発売の『a Day in Our Life』である為、ちょっと書かせてもらいたい。

『a Day in Our Life』は、嵐のディスコグラフィーの中で、全編ラップメインで制作されたはじめての楽曲である。作詞・作曲・編曲はスケボーキング(SBK)のSHUNとSHUYA、ってだけで「え!?」と思う音楽フリークは多いと思うが、さらに唸るのが少年隊の名曲『ABC』を元ネタとしてサンプリングして作っているという点。ぐっとテンポを落としているが、作曲家 筒美恭平氏(ブルー・ライト・ヨコハマ、木綿のハンカチーフとかサザエさんテーマで有名)の極上美メロの上にラップが乗っかるという、文字に起こしても悶絶な楽曲である。

今でこそサンプリングは技術的な進化も手伝って猫も杓子も状態だが、当時ジャニーズがサンプリング、ってだけで誰だよ仕掛け人は!蟹江かよ!と私は湧いた。どうでもいいけどABCってAngel, Baby, Cupidらしい。

が、考えてみたらサンプリングの精神は「温故知新」であり、昔を知り、敬意を払い、そこから新しいやり方や表現ロジックを再解釈・再生産していくことであるので、先輩の曲をカバーさせて若手を育ててきたジャニーズ事務所の運営手法ととてもマッチするので、なるほどなあと唸ってしまう。

さて、この『a Day in Our Life』の音源を入手したら、ぜひヘッドフォンで爆音で聴いてほしい。冒頭イントロでのスクラッチがあるのだが、LRにくっきり小気味よく分かれたスクラッチ音が楽しめる。基本的にDJがスクラッチするときは、LRにパンするようなことはないので、スクラッチ音が左右にパンされるのは音像としてはオーセンティックではないのだが、聴いてみるとこれがなんとも心地よい。こういったレコーディングのこだわりは楽しみポイントである。

※余談だが、メンバーのひとりが個人プロジェクトとして作成し、ラジオで公開されたことがある『ペンの指す方向』という楽曲があるのだが、その冒頭のイントロで時計のチクタク音があり、これも綺麗に時計の秒針が回るようにLRにパンされており、これもヘッドフォンで聴くとニンマリできる

とにかく、『a Day in Our Life』はリリースから15年以上経った今聴いても色褪せない、個人的には嵐 金字塔の一曲である。
リマスター&12inchアナログでリリースされることを切に願っている。

私は音楽業界とは全くの門外漢なので想像だが、アイドルがラップのシングル曲をリリースするというのは、カラオケでヒットしづらい点を考えても相当にハードルが高いことなのではないか。

故に大抵の場合はラップを入れたくてもサビだけとか、部分的に入れときましょか、というのが落とし所だと思うのだが、嵐はいきなりシングル曲で全編ラップ曲をぶつけてきた。そういう意味でも、この楽曲は嵐がパイオニアでありイノヴェイター(WIRED風)であることの証左でもあるわけである。

ほか、00年代幕開けを感じさせる青春感から一皮向けた『COOL&SOUL』、ハイスピードカメラを使ったPVとダンスクラシックサンプリング感が気持ちいい『Step and Go』、韻シストが楽曲提供した『Hip Pop Boogie』、泣く子も黙る山下達郎/竹内まりやコンビによる『復活LOVE』など、語りたい曲はたくさんあるのだがまたいつかに譲る。

活動休止は残念だけど、楽曲は逃げないしたくさんあるので、今後も嵐の楽曲を楽しめるのは幸せだなあと音楽フリークとして思う。

まずベスト盤を。恐らく休止前にもう一枚ベストでそうですけどね。

近くにCD手に入るところないよ、という方はツタヤオンラインとかで借りると楽でいいですよ。


03. February 2019 by admin
Categories: Music & Movies | Leave a comment

富山 Trip

バスケットボール日本代表戦観戦に誘われ、富山に行ってきた。

・一鶴
・バスケットボール日本代表戦
・焼肉大将軍
・ワインバーAlpes
・SAYS FARM
・ふじ居


01. December 2018 by admin
Categories: Asia, BY Region, Japan, Toyama | Leave a comment

台北 Trip Nov. 2018

ちょっと台北へ。

今回面白かったのは三件。
阿財彰化肉圓も再訪。

======
1.墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar<Link>
2.香色(Xiang Se)<Link>
3.Draft Land<Link>
======

1.Mozi Bar 床屋の奥の本棚を押すとバーへ、といういわゆるspeakeasy、もっと隠れ家っぽい感じを想像してたのだが意外とフツーのバーだった。

2.2015年春 オープン、ローカルアパートのを改装した台湾+フレンチフュージョンな無国籍料理。予約も比較的とりやすく、カジュアルに楽しめるのでぜひまた来たいお店。

3.Xiang Seのサービスの女性がとても感じがよい人だったのであなただったら二軒目どこに行くか、と聞いたら、ちょっとガヤガヤしてるけどここは?といってDraft Landをおすすめしてくれた。行ってみるとタップがずらーっと並んでいて、おおクラフトビールかここはと思って壁を見てたらぬっとお兄さんが現れ、あれは全部カクテルなのよと説明してくれた。なんでもここはAngus Zouという台湾ではややレジェンドなバーテンがしばしのサバティカルを終えてオープンした店らしく、バーだけれどもマティーニグラスもシェイカーもオリーブも、一切装飾がない。我々はカクテルをサーブするのではなくスタイルをサーブする、と。以下インタビュー引用。面白い。

“We are more like engineers. We measure everything, build systems, ensure consistency, and research new flavours and ingredients.”

“We are after people who feel uncomfortable going to bars. They are afraid to order new drinks because sometimes – even most of the time – they don’t like it. Most people like to drink, but don’t like bars! Those people are most of the market. I want this place to make it easier for people to enjoy cocktails.”
Quote from :

“No garnish, no bullshit”– Angus Zou re-thinks cocktail service, plus two other Taipei openings | DRiNK Magazine


24. November 2018 by admin
Categories: Asia, BY Region, Taiwan | Leave a comment

広島県 尾道 guntu

guntu.jp

guntu.jp(ガンツウ)
それは、せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿。
目の前には小さな島影がぼんやりと浮かび、その合間をゆっくりと船で航跡を描く旅。幻想的でのんびりとした風景をのぞむ、船旅だからこそ味わうことの出来る愉しみ。
「ガンツウ」は“ただ、過ぎゆく時を愉しむ”という旅をご提供いたします。


04. September 2018 by admin
Categories: Asia, BY Region, Hiroshima, Japan | Leave a comment

← Older posts