遊動の時代

お盆休みで、約1週間イタリアに行ってきた。
備忘録的記事を書いたので、末尾にリンクを貼っておく。

やはり旅はいいなと思った。

多動症気味でひとつのところにじっとしていられないし、リゾートとかいっても2日で飽きてしまうのだけど。

ミラノ・フィレンツェ・トスカーナ・タオルミーナ。
初めてのイタリアだったが、目的地もホテル選びも、妻のここ行きたい&イタリア慣れした友人のおすすめに従って、ウェブサイトすらほとんど見ることせずに決めていった。着いてから、ここはどこなの?という感じだったが、とても楽しかった。

インターネットとスマホは、旅を簡単にした。

はじめての場所でもスマホがあればどうにかなるが、その反面、地球上から「知られざる風景」を消し去ってしまった。「絶景」「秘境」と呼ばれるものを、私たちは見る前から知っている。旅だと言いながら、ともすればスマホを片手に、ああこれだ画面と一緒だ、と単なる知識の追体験・確認作業だとも言える。

それよりも、カフェに集まってる人とか、履いてる靴とか、路地のかんじとか、年の取り方とか、飲み食いしてるものとかから、ここなら住める、住めない、とか思いを巡らせたほうが、きっと楽しい。

話は変わるが、仕事が変わってから、製造業界隈なので工場との付き合いも多く、日本の地方にもたくさん出張するようになった。

そこでまず根っからの東京育ちのボンボンとして気づくのは、東京の人間は地方のことがまったくわかってない、ということである。地方営業所に東京一辺倒マインドの人員を配置しても失敗する。理由は話し方・食べ物・家族と仕事の価値観、共通の話題、色々あって一言では言えないが、この感覚は実際に暮らしてみないとわからない。地方に行く前から「まとめサイト見てきました」といわんばかりのステレオタイプはご法度である。

旅をして思った。人口が減っても、人の移動が増えればいい。

原研哉さんは「遊動の時代」と言ったらしいが、移動を常態と考えるような生活感が自分は好きだと改めて思った。

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

Dario Checchini – Italy Excursion No. 5/5

執筆中…

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: BY Region, Europe, Italy | Leave a comment

Taormina – Italy Excursion No. 4/5

フィレンツェから、一度ローマに飛び、そこからシチリアはCatania空港へ。
フィレンツェから直接シチリアにも行けるのだが、LCCしかみつからず、このフェッラゴーストのさなか運行時間が遅れられたりしたらたまらないと思い、Alitaliaにした為トランジット発生。Catania空港でまたもHerzレンタカーし、タオルミーナへ。Belmond Villa Sant’Andreaへ。

夕食は、行きたかったところが全然予約がとれず、よかったなと思ったのはOsteria RossoDiVono。
サービスの人たちにパッションがあって。ここはぜひ再訪したい。Bam BarとCristinaも。

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: BY Region, Europe, Italy | Leave a comment

Tuscany – Italy Excursion No. 3/5

Herzレンタカーでフィレンツェからトスカーナへドライブ。
アメリカのHerzで徳を積んでいたおかげで色々スムーズにいった。
マニュアル車だらけのイタリアだけどオートマ車をチョイス。追越車線を150km/hとかでぶっ飛ばす車だらけだけど、やはり知らない国で運転すると、その国のことがわかるような気がするから不思議だ。

ビアンコロッソの仙石さんのおかげで、Il Palagioneに訪問。
オーナーのGiogioさんに案内してもらいテイスティング。
ゲレンデヴァーゲンのショート、おそらく90年代前半のモデルをガンガン使ってるのかっこいいなあ。

宿泊はサンジミニャーノのMormoraia San Gimignano。
ワイナリー滞在型リゾート。日本人?うわー今年2組目だよ珍しいなあと珍しがられる。レセプションの彼の奥様が日本人らしく、コニチワ、的な。しかし蚊に刺されまくって大変だった。VAPEをしっかり

Netflix/ Chef’s Tableでも有名なDario Checchiniにも行った、凄かった。
これは別のエントリに譲ることにする。

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: Europe, Italy | Leave a comment

Florence – Italy Excursion No. 2/5

昼、ミラノ在住の方にFornello Contadino – Osteria di Campagnaランチに連れてってもらい(美味しかった!)

電車でフィレンツェへ。
テキトーな店でスプリッツと、お酒が飲めない妻はクロディーノ。苦味があってハマる。
サンタマリアノヴェッラなど買い物。カードに記録していくのが新しい。やるなあ。

All’antico Vinaioでパニーニ。かみごたえありで過去最高パニーニかも。

夕飯はOsteria Santo Spirito。とにかく安くて美味しくて大当たり。サービスには期待しないで。
ボンゴレパスタとトリュフニョッキが好きで実はここ二回も行ってしまった。近所でジェラートも。

宿泊はSavoy Hotel。ど真ん中にあるので便利。部屋のグレードからすると値は張るがロケーション代と思えばイタリアビギナーには嬉しい。

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: BY Region, Europe, Italy | Leave a comment

Milan – Italy Excursion No. 1/5

Italy(Milan / Florence / Tuscany / Taormina)に行ってきたので備忘録。
こうやって書いておくと、友人にどこ行ったの?と聞かれた時や次訪れる時便利なため。

羽田から全日空深夜便でウィーン経由、オーストリア航空でミラノ入り。深夜羽田発は時間の有効活用という意味ではなかなかよい。

ブルガリホテル。
友人に勧められ、バブリーホテル苦手なんだけどブルガリ…と思っていたらコンパクトでよい。なによりコンシェルジュのラナ、ドライバーTheoのホスピタリティが素晴らしく感激。部屋がアップグレードされたお陰もありまた泊まりたい宿に。

揚げピザZia Esteria。本場のSpontini。Osteria La Vecchia Lira。揚げピザが一番美味しかった笑。
朝食はどこも空いてなかったのでRavizza。

2日目はコモ湖へ。
旅程立てるの遅すぎて電車じゃ間に合わず、急遽車でGO。Il gatto Neroで昼食。
Villa d’estaホテルでお茶をしてから60分のコモ湖ツアー。ジョージクルーニーの家しかと見届ける。
夜はミラノに帰ってきて、kabiで教えてもらった28posti。ちょっとアヴァンギャルドすぎて 無理でした。

2019年夏イタリアの旅


10. August 2019 by admin
Categories: Europe, Italy | Leave a comment

冷やし中華≒コールドチャイナ

目黒のkabiで冷やし中華、否、新冷やし中華『コールドチャイナ』が食べられる、というので行ってきた。

平野紗季子氏と田中開氏が今後 @appe_tideという名義で新しい食の場メディアっていうか運動体のようなものをつくっていくらしく、その第一弾。 昼夜合計300食限定。

というか、そもそも、自分は冷やし中華が好きではない。

美味しんぼ愛読者諸君は、第8巻5話『スープと麺』を思い出して欲しい、べしゃべしゃの甘いスープが苦手なのだ。

漫画では『本当に美味しい冷やし中華を食べさせてやるよ』とイキって特製冷やし中華を作った山岡が、海原雄山に返り討ちにあういつもの展開なのだが。時々食べたくなるのは渋谷 亜寿加(閉店)の冷やし排骨担々とか、高校のとき部室で食べたマヨネーズとからしたっぷりの怪しい出前の冷やし中華くらい。そのくらい、近くて遠いのが冷やし中華だ。

で。コールドチャイナはとっても美味しかった。発酵マッシュルームソースとしいたけで作られたkabi流アルティメットたれが、甘ったるくなく何杯でもいける。やりおるわい士郎のやつ。穴子もいいけど、チャーシューバージョンも欲しかったなあ。

次も期待しています。


15. July 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

KabiとJeff Mills

目黒のkabi。

目黒通りで元競馬場といったら家具屋ストリート、東急ストアと鳥繁だよね?というのが目黒通りバスユーザーの自分の印象だったのだが、安田翔平氏と江本賢太郎氏がkabiスタートさせてからは、年齢や職種、国籍を問わず賑わう場所になった。

Kabiは、「○○みたいな店」、とかそういう形容がしづらい、非連続な魅力がある店だと思う。平均年齢23歳のスタッフたちが楽しそうに遊びながら料理しているものを分けてもらう、みたいな、強い伝染力がある。

料理もさながら、音楽もニューエイジ感があって楽しい。

たいてい、日本の流行っているレストランといえば、モダンジャズやポストロックなど、食事に邪魔にならないインスト曲をうすーく無指向性スピーカーで、というのが普通だが、ここはバキバキのミニマルテクノがかかっている日がある。今日はModerat, Marquis HawkesやShinichiro Yokotaなど、エレクトロ・ハウス・ミニマルばかりかかっていたし、うる覚えだがJeff Millsがよく使う曲もかかっていた。

Jeff Millsとkabiには共振するものがあるのではないかと勝手に思った。

ターンテーブル4台と909を使い、レコード4枚がけする音の科学者ともいえるJeffは、DJは引き算だ、と言っていた。対して、日本の食材や食文化を、和食とは違う形で世界に発信するkabiの人々は、軸となる食材には発酵や熟成を施しながら何層にも重なり合わせながらも(スズキの発酵マッシュルーム締めなども美味しかった)大げさすぎる技巧を感じなくて心地よい。

この日はOpenBookが二階でレモンサワーを出してくれててそちらで締めました。

余談だが、レストランにBGMは必要なのか、という点については、ニューヨークで、坂本龍一が『料理は素晴らしいのにあまりにBGMがひどい』と言って自ら選曲をかって出た店があるというのでそちらのインタビューをぜひ:Annoyed by Restaurant Playlists, a Master Musician Made His Own


13. July 2019 by admin
Categories: Ichizon | Leave a comment

← Older posts